トップページ

子どもの姿勢が気になる時は、足腰の筋力向上と一緒に体幹、体軸の筋力作りをお考え下さい

立位を取った時の無意識に揃えた足で、足腰の筋力不足が分かります。
踵を寄せてハの字に足を開いて立つや、踵を離して逆のハの字でつま先を寄せて立つ姿勢をとる子どもは、歩く時に外股や内股で筋肉をあまり使わない動き方を無意識に選択していることが考えられます。

子どもの運動能力低下の理由

生活様式の変化

生活様式の変化で、私たちの足裏や足首の使い方は単純化し対応力を失っています。足裏足首の使い方の単純化は、子どもたちの体にも変化をもたらしています。
家庭だけでなく学校でもバリアフリー化と整備されたグランドの過ごしやすい環境で、子どもたちの平衡感覚の低下や脚力の不足を招いています。

 

姿勢の悪化

スマホやタブレットの使用は、新型コロナの流行を境にゲーム等の遊び時間だけでなく勉強での使用が当たり前になりました。ストレートネックや猫背など姿勢の悪化が深刻です
ストレートネックや猫背など軽度でも、姿勢の悪化は体の筋力バランスが崩れている兆しです。放置すれば、運動能力にも影響し筋肉の質の低下にもつながります

 

平衡感覚と脚力の不足

 平衡感覚と脚力の不足は、二つがセットのようなものです姿勢が悪くバランスに不安があって運動が苦手な子供は、同じだけ運動を頑張っても筋肉の可動域が違って筋力が付きにくい条件になります。
また、偏平足の子どもも増えています。偏平足は、地面からの衝撃がそのまま伝わって脚が疲れやすくなります。運動に積極的になれず、運動量が増やせない要因になります。

姿勢が悪い子どもに多い、猫背と反り腰姿勢は肩凝りや腰痛の原因にもなって集中力を低下させます

衡感覚の低下と脚力不足

平衡感覚の低下と脚力の不足の視覚への影響

 平衡感覚、脚力が劣っていると、下半身の安定感がなく体幹も安定しません。
安定感の無さは、もろに視覚の情報処理能力に影響します視覚情報は、目から次々と入ってきます。処理が難しい状態にあるだけで余裕のないイライラしやすい条件になります。


足腰を鍛えることの及ぼす心への影響

 前述したように、平衡感覚と脚力の不足は視覚情報処理を難しくします。視覚は、人間の日常的に得ている情報の80%以上を占めているので不安この上ないと言っていいと思います。
この時、純粋に目が見えない場合もあるじゃないかと思いますよね。当然、視覚情報が入らずに不安であることに間違いありません。違いは、自分のキャパを超えて好まなくても情報が入り続けることだと考えられます。積極的に自らが得ている情報でなく、情報の洪水で溺れているような心境ではないでしょうか?
「何が理由でパニックになるの?」「苦手なことが多いのはなぜ?」と、個人差もあり理解されにくいのが心の問題です。心の問題の要因として、平衡感覚と脚力の不足は無限に不都合が重なる可能性が考えられるため、足腰を鍛えることは心の安定に大きな役割を果たすといえます


自信がない理由

 体が安定感に欠けている体感や体軸を意識できない時は、情報処理に余裕がなく、 周囲で起きる出来事が楽しそうでも、本人にとって望んでいない混乱の原因にもなり得ます。
「好きなことも、状況によっては喜べない」「環境が整わないと集中できない」「新しい事を好まない」等、混乱から自分を守ろうとして自然に起こる心理で、本人は当然の判断や選択をしているとも考えられます。 体の安定感がない時に物事に自信をもって望めないのは当たり前です。自らが物事に取り組みたいと思える力を願うときにも、体の基礎作りは多いに意味のあることだといえます

足腰と体の軸を作るトレーニング器具

歩き方矯正と姿勢矯正できるトレーニング器具

1、姿勢の軸となる体幹・体軸を作るトレーニング

2、足裏からの脚まるごと筋力強化トレーニング

姿勢を良くする、正しい歩き方をするためにはバランスよく筋力アップして体軸を整える必要があります

 

・価格  17,500円(税込)・18,820円(税込) 1年保証 送料無料(離島 送料別)

・サイズ 68×30×8センチ ・重さ 約2.5㎏

・耐荷重(約)100㎏ ・素材 100%天然木

・特徴 完全二方向のみに揺動、水平な状態で始められる、傾けて安定する、足首を痛めにくい、持ち運び便利、収納便利


 

内股外股をなおすトレーニング 動画

教育現場における課題への使用目的

□下肢トレーニング:姿勢(通常学級・支援学級

課題1、姿勢の改善と側弯症の予防

猫背や側弯症など悪い姿勢は、病気の原因にもなるので姿勢保持できる筋肉と正しい歩き方を身に着けよう

 

「あるくんボード」は、姿勢が良く脚力がないと踏み込んで傾いた状態できれいにポーズを取ることができません。
姿勢のチェックと脚力・バランス力のチェックに適しています。

 


□下肢トレーニング:精神(支援学級

課題2、集中力・落ち着き

イライラして落ち着きのない子どもの、足腰の安定は平衡感覚を働きやすくして落ち着きにつながる

 

「あるくんボード」は平衡感覚・脚力・バランス対応力を同時に鍛えて、体幹を整えます。

 

 

課題3、成功体験


内股歩きや、外股の歩き方がおかしい時は、筋力発達の妨げになるので足裏足首から歩き方矯正が必要

 

個人差はあっても、筋肉は3ヶ月あれば必ず一定の変化があります。「あるくんボード」はテコの原理で筋トレになり、足腰を安定させて物事に対応する余裕をもたらします。

 

 

□体軸トレーニング:肉体(支援学級)

4、体軸

運動神経を伸ばすため、精神的な安定をもたらし自信を付けるためにも体幹、体軸トレーニングはおすすめです

 

「あるくんボード」の運動は、本来の体の軸を繰り返し意識させる運動です。体の軸が整うことで、体がコントロールしやすくなるのと、体の土台になる足裏足首からの筋力アップで運動能力向上につながります。

 

 

課題5、偏平足

疲れやすいや、転びやすい原因として偏平足と内股、外股など歩き方の問題が考えられます

 

足裏のあらゆる面で踏ん張る運動が効率的に行え、生活の中で減っている足裏足首への刺激を可能にします。

 

 

□遊具:レクレーション(通常学級・支援学級)

課題6、興味

子どもの苦手意識に寄り添いながら、姿勢を良く正しい歩き方のできるようバランスの取れた筋力強化行う

 

「あるくんボード」は、遊び感覚で挑戦できるサーキットメニューやスキーの映像をまねたイメージトレーニングにお使いいただけます。

 

 

 

 

 

 

ご家庭でも遊びの中に足腰強化と体軸作りを取り入れてみませんか?小さなお子さまにも、使っていただけます。

成長期の子どもの正しい姿勢育成は、運動能力を向上させること以上に勉強や心の成長にも大きな意味がある